ゴルフスイングに重要な下半身

ゴルフスイングに重要な下半身

ゴルフのスイングをする時、上半身の動きはほとんどの人が意識をすると思いますが、下半身を意識することは怠りがちです。しかし、下半身を安定させることはゴルフスイングの精度を上げるうえでも、飛距離を伸ばすうえでもとても重要なのです。

 

下半身主導のバックスイングということを聞いたことはありませんか?バックスイングの時は、腰から上をひねる感じで体を回転させ、ダウンスイングで効率よく下半身を使えるように安定させた状態を保ちましょう。上半身はリラックスした状態でダウンスイングを行います。

 

下半身主導といっても、下半身を動かし過ぎてはいけません。どちらかというと、股関節を意識して荷重を乗せるような感じに安定させることをイメージしましょう。膝は柔軟な状態を保ち固定するような感じであまり動かしません。そして、腰で押し出すようにボールを打つイメージでスイングしてみましょう。ゴルフで下半身を有効に使えるようになると、体全体の力でボールを打てるようになり飛距離を伸ばすことができます。

サイトメニュー