ドライバーの飛距離をアップするには

ドライバーの飛距離をアップするには

飛距離はゴルファーの大きな悩みの1つでしょう。飛距離アップの宣伝文句に引かれてドライバーやボールを買い換える人も多くいると思います。

 

飛距離をアップするためには、筋力や練習量が重要といわれますが、本当にそうでしょうか?確かにそれらが優れていれば有利には間違いありません。しかし、体の小さな女子プロゴルファーでも250ヤード飛ばす選手もいますので、体の大きさや筋肉量で簡単に飛距離が測れるものではありません。それに現実問題として、プロではない私たちが筋力トレーニングや練習に多くの時間を割くことは難しいものでしょう。そのようなトレーニングをしなくても、今のスイングを矯正するだけで飛距離をアップすることは出来るのです。

 

飛距離をアップするためには、ドライバーのインパクト時に加速するようなスイングをすることと、体の力をボールまで無駄なく伝えることが重要になります。体全体の力を効率よくボールに伝えるためには、正しいフォームと柔軟性のある無駄の無いスイングで、腰からボールを押し出すように打つことが大切です。また、インパクトの瞬間にはドライバーヘッドが加速中であることも大切です。

サイトメニュー