ボールコントロールテクニック

ボールをコントロールするテクニック

ボールの方向・弾道・飛距離などをコントロールするテクニックを身につけると、ゴルフが一層楽しめるようになると思います。

 

テクニックを身につけるため、ゴルフ理論やボールがまっすぐ飛ぶ仕組みなどの基礎知識を持つことは非常に大切です。感覚的になんとなく理解していることを、物理的に理解することで応用が利くようになります。ゴルフコース上で様々な状況に陥った時に、経験と知識が豊富なほど回避する方法を導きやすくなります。

 

クラブフェイスの開き具合でどの程度ボールが曲がるのか、テークバックの引きの角度を変えることでボールの飛ぶ方向がどのように変わるのか、スイングの速度やバックスイングの量によって飛距離がどのように変わるのか。練習場で角度などを少しずつ変えながらボールの動きを試してみましょう。そしてそれらの経験をきちんと整理しておくことが大切です。

 

小さな角度の差がボールの方向を変えてしまうので、ボールをコントロールするテクニックを身につけるためには、まずはまっすぐ飛ばすための基本のスイングをしっかりと身につけることが大切になります。

サイトメニュー