初心者のドライバー選びのポイント

初心者のドライバー選びのポイント

ゴルフクラブの中で最も飛距離の出るクラブがドライバーです。ドライバーは、ヘッド・シャフト・グリップから形成されています。

 

ドライバーの選び方の基本は、スライスやフックなどの癖の矯正や操作性を重視することです。ヘッドの大きさは大きい方が安定感があるので、ミスに対する許容範囲が広く初心者にはおすすめです。ロフトは10から12度のものが良いと思います。シャフトの選び方ですが、長さが44から45インチくらいのものが良く、それよりも長いものは飛距離を伸ばしやすい反面、芯を捕らえることが難しくなるので初心者には扱いにくいでしょう。硬さはレギュラーで良いと思います。グリップの選び方は、握ってみた感触の好みで選べばよいでしょう。そして、ドライバーの重量は、少し重めのものを選びましょう。あまり軽すぎるドライバーだと、体をしっかり使うスイングが身につきにくくなります。体重が60キロの人なら295から315グラムくらいのものを目安に選ぶのが良いでしょう。

 

価格の高いものが良いドライバーなのではありません、自分が扱いやすく目的にあったドライバーを選ぶことを心がけましょう。

サイトメニュー