自分にあったゴルフボールを選ぶ

自分にあったゴルフボールを選ぶ

ゴルフボールは、非常にたくさんの種類があって選び方がわからないという人も多いと思います。まず、ゴルフボールは大きく分けるとディスタンス系とスピン系の2種類に分けられます。

 

ディスタンス系のボールは飛距離を重視した構造になっています。中心部が硬く、スイングの力が伝わりやすく出来ていて、スピン量が多めです。最近では使われる素材によって飛距離とスピン性能の両方備えたボールもあるようです。ディスタンス系のボールは初級者から一般ゴルファー向けです。

 

スピン系のボールは、コントロールを重視した構造になっています。表面はやわらかめ、中心部は少し硬めで、スイングの力をボールが変形して吸収するのでスピン量が少ないです。このボールはスピンを使って好きな場所にボールをコントロールできる中級者、上級者、プロ向きです。

 

初級者の場合は、ディスタンス系のボールを選ぶほうが扱いやすいと思います。ディスタンス系ボールも価格帯に大きな幅がありますが、初級者の頃は無くす事も多く消耗品となるので1ダース2000円から3000円程度のものを選ぶとよいと思います。

サイトメニュー