フックの矯正をしましょう

フックの矯正をしましょう

フックの矯正にはまず、原因の1つとなるクローズドフェイスの矯正から始めましょう

 

ドライバーを握ったときグリップは左手の親指がシャフトの真上に来るようにします。そして、クラブフェイスを目標ラインと直角に置いてください。そしてトップ位置では、左手首の甲が掌側に倒れないようにフラットに保ちましょう。インパクトの時はアドレスの時の腕の形をキープしましょう。上腕の返しが早すぎるとフェイスが閉じてしまいます。

 

次にドライバーヘッドの軌道を修正しましょう。

 

アドレスの時は肩・腰・足のラインは目標ラインと平行にしましょう。右を向き過ぎると内側から入って外側に抜ける軌道になりやすいのでプッシュフックに、左を向きすぎると外側から入って内側に抜ける軌道になりやすいのでプルフックになります。ドライバーヘッドの軌道は、内側から内側に抜けるように意識しましょう。プッシュフックの矯正ではバックスイングを内側に引きすぎないことが大切です。プルフックの矯正では、バックスイングで肩をしっかり回転させます。そして、ダウンスイングに入ったら、腰を左にスライドして右肘を下ろしてから、腰を回転させるようにしましょう。

サイトメニュー