スライスの種類と原因

スライスの種類と原因

スイングとは右打者のボールが右に曲がることを言います。ゴルフ初級から中級者にかけてもっとも多い悩みだと思います。スライスもフックと同じく4種類の球筋があります。

 

まず、目標に対してまっすぐ飛んで右に曲がる「ストレートスライス」。目標に対して左に向かっていた打球が途中で右に曲がる「プルスライス」。目標に対して右に向かっていた打球が更に右に曲がる「プッシュスライス」。ウッドクラブで起こる「ヒールスライス」です。

 

ヒールスライスは、ボールがクラブフェイスのヒールに当たり、右回転が掛かってしまうことが原因で起こるスライスですが、それ以外のスライスの原因はフェイスの向きとスイング軌道にあります。

 

つまり、フェイスが軌道に対して最初から開いてしまうオープンフェイスが原因でボールに右回転が掛かかってしまうのです。また、スイングがボールの外側から入り内側に出て行く軌道を描いている場合にはプルスライスに、内側から外側に抜ける軌道を描いている場合にはプッシュスライスになります。自分のスライスがどのタイプにあたるのか見極めてスライスを克服しましょう。

サイトメニュー