スライスを矯正しましょう

スライスを矯正しましょう

スライスの矯正は基本的にフックの逆になるわけですが、まずスライスの大きな原因の1つであるオープンフェイスの矯正をしましょう。

 

ドライバーを握ったときグリップは左手の親指がシャフトの真上よりやや右寄りに来るようにします。まず、クラブフェイスを目標ラインと直角に置いてください。そして、トップ位置では、左手首の甲が甲側に倒れないようにフラットに保ちましょう。インパクトの時はアドレスの時の腕の形をキープし、その後右腕が左腕の上にかぶさるようにターンオーバーしてください。

 

次にドライバーヘッドの軌道を修正しましょう。

 

目標ラインに対して内側から内側に、最短距離で抜けるのが正しいドライバーヘッドの軌道となります。アドレスの時は肩・腰・足のラインは目標ラインと平行にしましょう。右を向き過ぎるとプッシュスライスに、左を向きすぎるとプルフックになります。プルスライスの矯正では、バックスイングは肩をしっかり回転させ、クラブヘッドを充分内側に引きましょう。プッシュスライスの矯正では、ダウンスイングで首を右に傾けすぎないように注意してみましょう。

サイトメニュー