体重移動をしないゴルフ・左一軸打法

体重移動をしないゴルフ・左一軸打法

左一軸打法という打ち方を耳にしたことはありませんか?この打ち方は体重移動をしないことを推奨し、安定したゴルフが出来るというものです。

 

ゴルフで球がまっすぐに飛ぶには、インパクトのときにフェイスが目標ラインに向いてなくてはいけません。日によってフォームにバラつきがあって、調子の悪い日はスコアも散々・・・、という人も多いと思います。毎回同じ軌道で打てる打ち方を身につけることはゴルフの上達に欠かせないものです。

 

この、左一軸打法という打ち方は、左の股関節を軸にする打ち方です。また、腕と腰の回転のタイミングが合わないとショットはぶれてしまいますが、毎回タイミングを合わせることは難しいものです。そこで左一軸打法では、最初から左足に7割程度の加重を掛けてインパクトのときと同じ状態で構えて置くことで、体重移動の際に起きるブレをなくします。そしてダウンスイングのときは、右腕を体に密着するように右脇を締めます。こうすることで腕と腰の動きのズレを抑制し、スイングを安定させるのです。そして、左股関節を軸にして、軸で体をひねるように腰でボールを押し出すように打ちましょう。

サイトメニュー