ドライバーのスイング軌道

ドライバーのスイング軌道

ゴルフスイングの軌道は、目標ラインの内側から入って内側に抜ける「インサイドイン軌道」でなくては、ボールはまっすぐ飛びません。軸がぶれてスイング軌道が膨らむと、まっすぐ飛ばないだけでなく飛距離も伸びません。スイング軌道でボールの打ち出される方向が決まってしまうのです。

 

例えば、ゴルフのスイング軌道が目標ラインの内側から入って外側に抜ける「インサイドアウト軌道」では、ボールは目標方向よりも右に向かって飛んで行きます。また、この軌道はフックショットになりやすい傾向があります。反対にゴルフのスイング軌道が目標ラインの外側から入って内側に抜ける「アウトサイドイン軌道」では、ボールは目標方向よりも左に曲がって飛んで行きます。また、スライスショットになりやすくなります。ゴルフでまっすぐ飛ばせるようになるためには、正しいスイング軌道を身につけることが必要です。

 

正しいスイング軌道をするためには、アドレスの時に肩・腰・足のラインを目標ラインと平行になるようにすることが大切です。

サイトメニュー